シーサーとは What is Seasar?

その昔、古代オリエント(ペルシャ)において勇猛なライオンは、戦いの最強のものとして

崇拝され、やがて姿・形・思想がシルクロードを渡り、「獅子」と中国で呼ばれていたのが、そのまま獅子として沖縄に伝わり、シーサー、シーシなどと呼ばれていました。

内地(日本)においては、朝鮮半島を経て伝わり、神社の境内にて阿吽の形をとった

狛犬が魔を払うものとして配置されています。唐獅子は直接中国から渡ってきたものです。シンガポールのマーライオン・エジプトのスフィンクスも同様の思想の元に作られています。

いずれも起源をひとつにするものでしょう。

このように考えるとシーサーとはキリスト教より、もっと古く四~五千年の時を刻みながら

地球を半周してきた思想文化が、終には太平洋に阻まれ終着点として、沖縄という地で花を咲かせた壮大なロマンとして捉えることもできましょう

From Wikipedia, the free encyclopedia

Jump to navigation

Jump to search

Not to be confused with Shishi (disambiguation).

An open-mouth roof shisa

Shisa (シーサー Shīsā, Okinawan: shiisaa) is a traditional Ryukyuan cultural artifact and decoration derived from Chinese guardian lions, often seen in similar pairs, resembling a cross between a lion and a dog, from Okinawan mythology. In magic typology, they are sometimes also classified as gargoyle beasts. Shisa are wards, believed to protect from some evils. People place pairs of shisa on their rooftops or flanking the gates to their houses, with the left shisa traditionally having a closed mouth, the right one an open mouth.[1] The open mouth shisa traditionally wards off evil spirits, and the closed mouth shisa keeps good spirits in. 

维基百科,自由的百科全书

跳到导航跳到搜索

广东省汕头市达濠老厝厝顶的风狮

金湖鎮瓊林風獅爺。位環島北旁,保存完整,未加彩繪。以石材製造,面朝北,姿勢為直立,高度有189公分,面寬40公分。獅子的生殖器清晰可見,其形狀類似葫蘆,當地人提及金獅爺生殖器時,也會以金獅爺的葫蘆來稱呼

广东省汕头市达濠老厝厝顶的风狮

琉球民居屋頂上的風獅爺

風獅爺,又稱風獅、石獅爺、石獅公,日本、琉球稱「シーサー」,是閩南、粤东、臺灣安平、琉球群島等地設立在建物的門或屋頂、村落的高台等處的獅子像,用來替人、家宅、村落避邪化煞。

由於東北季風旺盛,福建南部的居民就設立鎮風的辟邪物[1]來鎮風驅邪,最多的鎮風辟邪物就是風獅爺。根據金門縣政府的統計,現存的風獅爺共有68座:金沙鎮風獅爺41尊、金寧鄉風獅爺8尊、金湖鎮風獅爺13尊、金城鎮風獅爺6尊。其造型推測是由廟宇門口的石獅形象演變而來,獅子為萬獸之王,自漢朝引進獅子之後,獅子的形象就用


ぎゃらりーゆしびん  Shisa Gallery Yushibin

1997年にオープン 沖縄県恩納村で小さな漆喰シーサーぎゃらりー&工房shopです 店内奥にて漆喰シーサー製作中、2015年から陶器(やちむん)の制作工房も兼ねる シーサーの色つけ体験も店内にて受付中! 体験学習や全国のイベントなどにシーサー展やワークショップも行います! シーサーの注文も受付致します。 お問い合わせ 電話098-964-6926 9時30分~17時30分 木曜定休日